アクネ菌とは?増やさないためのアクネ菌予防

ニキビの大敵アクネ菌。
そもそも、アクネ菌はなぜ肌にいるのでしょうか?

悪の根源のように言われるアクネ菌ですが
アクネ菌は肌に大切な働きをしています。

健康な肌は弱酸性ですね。
この肌を弱酸性に保つ働きをしているのがアクネ菌です。

じゃあなぜ、ニキビの原因になってしまうのか?

まず、アクネ菌は酸素が嫌いです。

健康な肌は毛穴も綺麗で肌がちゃんと呼吸していて
その酸素に触れることでアクネ菌が増えすぎず、
肌にとっていい環境を保つことができるんです。

だけど、皮脂や汚れで毛穴が詰まってしまうと
酸素が無くなって、アクネ菌の大好きな環境になるんです。

さらにアクネ菌の大好きな皮脂が充満している状態なので
アクネ菌があっという間に増殖してしまうということです。

そしてアクネ菌の出す成分が多くなりすぎて肌が炎症を起こす
これがニキビというワケです。

だからと言ってアクネ菌を肌から完全に除菌してしまうと
肌を弱酸性に保てなくなって、肌荒れを起こします。

アクネ菌完全除菌ではなく、増えない環境、つまり毛穴に皮脂やゴミが
詰まらないようにケアすることが大切なんです。

基本的な予防はニキビに効果のある石鹸で洗い
皮脂を取り除きます。

そのあとに化粧水で肌に充分水分を与えて、保湿クリームやジェルで
水分が逃げないように蓋をすることです。