背中ニキビも乾燥は関係あります

背中は皮脂が多くてベタベタするから乾燥はしていないと
思いがちですがそうでもないんです。

顔と同じで背中も乾燥します。

背中は皮脂が溜まってベタベタしやすいので、しっかり皮脂を
落とさないといけないと思ってゴシゴシしがちです。

皮脂を落とし過ぎた上に、ゴシゴシ擦って肌を傷めてしまうことが
よくあります。

皮脂は肌を潤わせ守る役割があります。
それが皮脂を落とし過ぎると肌が乾燥してカサカサになります。
そうすると体がさらに皮脂を過剰に分泌するようになります。

過剰分泌された皮脂は毛穴に溜まり、毛穴を塞いでしまう。
そしてニキビ菌が繁殖、背中ニキビが出来てしまうのです。

その他にも乾燥すると背中が痒くなりますよね。
皮脂の過剰分泌に痒みと悪循環になる訳です。

そして背中ニキビができてしまうのです。


また乾燥肌もニキビの原因になります。
乾燥肌はもともと皮脂分泌量が少ないので、肌を守る膜も
薄いのです。

そうすると、肌は保湿できず乾燥してしまいます。
肌が乾燥すると古い角質も乾燥して固くなり、
毛穴もだんだん細くなって、少しの皮脂でも詰まりやすくなるのです。

毛穴が詰まるとアクネ菌が繁殖します。
そして背中ニキビができてしまうという訳です。